大阪府守口市 歯科 たにもと歯科 予防歯科 歯周病治療 セレック治療 インプラント 審美歯科

treatment

一般歯科・予防歯科・歯周病治療
セレック治療・インプラント
審美歯科・ホワイトニング

address mb5

大阪府守口市京阪北本通4-13
カーサ北本通1F

06-6993-7711
トップページクリニック紹介施設・設備紹介スタッフ紹介
活動報告

歯科医師 求人募集

歯科衛生士 求人募集

 

携帯サイトがご覧いただけます。

医院名
たにもと歯科
診療内容
一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科・ホワイトニング
住所
〒570-0094
大阪府守口市京阪北本通4-13
電話番号
06-6993-7711
診療時間
9:30-13:00/15:00-19:30
休診日
水曜・日曜・祝日

歯周病治療

HOME»  歯周病治療

歯周病とは

歯周病治療歯と歯ぐきのすき間に繁殖する細菌に感染し、歯を支えている歯肉(歯茎)に炎症を引き起こしたり、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かして歯をグラグラにする恐い病気です。虫歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。 歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。

また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の予防方法

虫歯治療歯周病を予防するためには、「プラークコントロール」と「定期的なメインテナンス」が必要です。
このどちらか一方が不十分であると歯の健康を維持することが難しくなります。

1.PMTC
2.TBI(ブラッシング指導)

などを定期検診で行うことで清潔なお口の環境を維持することが出来ます。

予防歯科の詳細はこちらをご覧ください。

歯周病の種類

歯肉炎

歯肉炎歯周病の初期症状である歯肉炎です。
歯ぐきが腫れただけの状態です。
炎症は歯肉にとどまり、骨やその周囲組織(歯根膜・セメント質)にはまだ問題が起きていない状態です。

軽度の歯周病

軽度の歯周病 歯周病の初期症状である歯肉炎です。
歯ぐきが腫れただけの状態です。
炎症は歯肉にとどまり、骨やその周囲組織(歯根膜・セメント質)にはまだ問題が起きていない状態です。

中度の歯周病

中度の歯周病 歯肉の腫れ・出血など歯ぐきの炎症がさらに悪化し、顎の骨が半分近くまで溶けています。歯と歯肉の境目にはプラークや歯石が目立ちます。
歯を支えている骨が減っているため、指や舌で歯を押すとグラグラします。

重度の歯周病

重度の歯周病 歯を支える骨は3分の2程度失われて、歯はぐらぐらして硬いものを噛むことができなくなります。顎の骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。


pagetop